おまかせ隊News/ 担当者BLOG|神奈川・横浜・藤沢「太陽光発電おまかせ隊」- 安心価格のソーラーパネル設置・施工

担当者BLOG

湘南の太陽光発電の設置件数をカウントしてみました・・

2015年7月16日 | 担当者BLOG

当社で、これまで湘南地域にどの位、太陽光発電システムを設置してきたかを
カウントしてみました。

 

さてその前に・・・「湘南」・・と言うと、皆様は、どのあたりまでを
湘南・・と呼んでいる/思っているでしょうか?

 

私も色々調べてみるまでは、「鎌倉・藤沢・茅ヶ崎」あたりが「湘南」で、
平塚や大磯は「西湘」では・・と、自分勝手に思い込んでいました。

 

諸説ありますが、県の考え方?によれば・・

神奈川県でかつ、相模湾に面している所を「湘南」と呼ぶ・・
という(ホントかな?)ようで・・
三浦、逗子、葉山、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、大磯、二宮、国府津、小田原、
真鶴、湯河原あたりまでを指すように書かれているものがありました。

 

話を戻しまして、
当社ではこれまで1200件以上、太陽光発電システムの設置を
自社工事を行ってきましたが、
上記、三浦、逗子、葉山、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、大磯、二宮、国府津、小田原、
真鶴、湯河原の設置工事件数をカウントしてみましたら、
全部で627件(2,015年7月16日現在)ありました。

 

約1200件として、627件ですので、おおよそ2件に1件は、
藤沢、茅ヶ崎と中心とした、「湘南地域」に
当社が太陽光発電システムを設置させて頂いた事になります。
(参考までに横浜市には、この時点で389件でした)

 

神奈川県内や横浜市内、特に湘南地域にお住まいのお客様で、
太陽光発電システムの設置をご検討のお客様は、
ぜひ、自社施工の当社・太陽光発電おまかせ隊へ
お声をかけて頂ければと思います。    (櫻井)

 

・TOPページは・・こちら

・お問合せ&ご質問フォームは・・こちら

・施工事例は・・こちら

・施工実績は・・こちら

夏至

2015年6月22日 | 担当者BLOG

6月22日です。

本日は、「夏至」です。

これからますます暑い季節が待っている事を多少拒否しながら、

今朝私は家の玄関を開け早くも太陽の元気に負けつつ、出社致しました。

 

実は太陽光モジュール(パネル)も温度上昇により発電効率のロスがあるのですが、

例年日照時間を味方に付け、暑さに耐えながらも稼働する姿は頼もしいなと思います。

私も様々な暑さ対策をし“変換効率=気分”を上げ、過ごしていきたいと思います。

(吉川)

三菱電機のスマートハウスを見学してきました

2015年6月19日 | 太陽光発電システム関連情報 ,担当者BLOG ,蓄電池関連情報

 

先日、鎌倉市大船にある「三菱電機」のスマートハウスを見学してきました。

研究設備のためか、「構内全て画像撮影禁止!」との事で、

ブログで紹介できる「撮影画像が1枚も無い」のが残念ですが、

以下の文面やURLなどから雰囲気やイメージをして頂ければと思います。

 

<三菱電機スマートハウスの紹介URL>

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2011/0511_zoom_01.html

 

 

今回の私の目的のひとつは「V2H」でしたが、

みなさんは「V2H」という言葉ご存知でしょうか?

 

三菱_SMART_V2H

(上記画像が三菱のSMART V2HのEVパワコン)

 

V2Hとは、ビークル・ツー・ホームの略で、

電気自動車とかが「蓄電池の代わりにも」なって、

家の電気をまかなえるような「お家」の事や

それらの総合システムなどを表すものです。

 

実際に見学させて頂いた場所には、日産リーフと

(なぜか三菱の電気自動車ではなく日産車)、

「SMART V2H(パワーコンディショナー)がつながっていました。

 

 

日産リーフの24kWhの蓄電池が、

三菱のV2Hパワコンにて家庭で使える「交流の電気」に変換され、

分電盤に電気を供給していました。

 

凄いのは停電時でもV2Hから6kWの電力を出力できる事。

これまでの蓄電池では、ほとんどが3kWが限界で

蓄電池の容量もあまり多くはなかったので、使い勝手が結構悪かったのですが、

上記組み合わせ(日産リーフ+三菱V2H)だと、

エアコンやIHが全く問題なく動いていましたので、

その凄さ(電力供給力の高さ)を感じてきました。

 

またこのV2Hの良い所は、万が一の災害や停電の際でも

太陽光発電システムからこのV2Hを介して、

電気自動車等に充電ができるところ。

 

これまでのパワーコントロールユニットでは、

商用電力(例えば東電)から電気自動車への充電はできても、

停電時に「太陽光発電システムからの充電はできない」所が

最大のネックでした。

 

 

残念ながら、今年度の蓄電池の補助金は終わってしまいましたが、

これらV2Hの設置をする際の補助金は別枠で現時点まだ残っています。

 

ご興味等がある方は、気軽にお問合せください。(櫻井)

 

HPリンク先

・ホームページTOPへ: http://www.omakasetai.com

・ご相談、お見積りフォームへ: https://omakasetai.sakura.ne.jp/inquiry1.html

 

 

 

 

 

あじさい。

2015年6月16日 | 担当者BLOG

梅雨入りですね…。

このはっきりしないグレーな空がひと月も続くかと思うと、

毎年のことながらやっぱり憂鬱な気分になります。

 

梅雨と聞いて思い浮かべるのは、あじさいでしょうか。

今年のわが家のあじさいは、白色に淡い紫色がちらほら。

全体的に白っぽく、優しいかわいらしい花色になりました。

その年によって変わる花色も楽しみのひとつです♪ 中山

 

 

20150614_171837 (1)

 

 

 

穴場

2015年6月8日 | 担当者BLOG

みなさんこんにちは。

湿度に弱い営業の小宮です。

 

この間、子供のサッカーボールが無くなったと連絡があったので

お風呂や食事を済ませた21時過ぎから近所を探してみることにしました。

30分ほどいろいろな場所を探してみましたが見つからず

懐中電灯を持って下の方ばかり見ていた視線をふと前方に向けたとき、

小さな光がフワーッと動いているのが見えました。

一瞬、「えっ何だ・・・」と思いましたがすぐに

 

「ホタル・・・・・?」

 

そして小川のほうをよく見ると黄色い小さな光がいろんなところで光っていました。

私は4月に自然を求めて神奈川の某所に引っ越したばかりなので

この穴場の発見は非常に嬉しいものでした。

それからのボール捜索時間は一人ホタル観賞会に変わりました。

 

2日後には自宅マンションの敷地内にホタルがいるのを子供が見つけたので自宅で飼ってみることにしました。

(↓発見時の写真)

IMG_20150527_160233

(ちなみにホタルの成虫は水しか飲まないみたいです。)

 

自宅でもとても幻想的な光を見せてくれたのですが

そもそもあの光はどういう原理で発生しているのかが気になり調べてみました。

原理自体は化学物質が云々とよく分からない内容でしたが

「冷光」(ルミネセンス)と呼ばれる発光現象とのことで、

化学反応によって作られたエネルギーが直接「光」に変換されるそうです。

白熱電球はエネルギーの大部分が「熱」に変換されてしまいますが

ホタルの光は非常に高効率なのだと書いてありました。

 

これって今や常識の「LED」と似ているなぁと思って調べ進めてみると

LEDは「エレクトロルミネセンス」という原理で

ホタルは「バイオルミネセンス」という原理で

発光の原理としてはどちらも同じ種類だということが分かりました。

 

ものすごい時間と労力をかけて発明されたLEDと同じ原理の発光を

ホタルは太古の昔(数千万年前からいるみたいです)から行っていたなんて

なんだかすごい話だなぁと思いました。

 

ちなみにボールは後日、発見されました。

10 / 21« 先頭...89101112...20...最後 »