おまかせ隊News/ 太陽光発電システム関連情報|神奈川・横浜・藤沢「太陽光発電おまかせ隊」- 安心価格のソーラーパネル設置・施工

太陽光発電システム関連情報

太陽光発電の近々は?

2017年3月20日 | 太陽光発電システム関連情報 ,担当者BLOG

太陽光発電の売電単価が27年度、住宅用は28円(税込)にて確定しました。年々売電単価は下がっていますが、電気代は、 値上がり傾向になっています。原子力発電を稼働するのは、難しい状況ですので自然エネルギーによる自給自足の時代に 向けて、まだまだ設置する方は、増える傾向にあります。各自自体の補助金も27年度にもでる予定です。 4月に入りましたら、発表されますので、ご検討中の方は、もうしばらくお待ち頂きますようお願い致します。  長田

「天候に左右される発電量」のチェック方法について

2016年1月12日 | 太陽光発電システム関連情報 ,担当者BLOG

予想発電量は、過去の平均日射量データをもとに作成されますが、
発電量は、天候に大きく左右されるため、
毎月、機器が正常に動作しているか判断するためには、
予想発電量に天候パラメーターを加味する必要があります。
天候パラメーターとして毎月の日射量がわかれば一番よいのですが、
残念ながら気象庁より毎月得られるデータは、日射量ではなく、日照時間です。
しかし、日照時間が多くなるとそれなりに日射量も増えるため、
日照時間をもとに発電量をある程度予測することができます。

 

では、どのくらい正確に予測できるのか・・・?についてですが、
下図にデータをまとめましたので、ご覧ください。

日照時間平年比と発電実績

 

弊社が発電量チェックを行う際は、日照時間と共に、
近隣のお客様のデータも比較参照させていただいております。
発電量チェックサービスにお申込みいただいているお客様には、
今後共ご協力くださいますようお願いいたします。(辻)

三菱電機のスマートハウスを見学してきました

2015年6月19日 | 太陽光発電システム関連情報 ,担当者BLOG ,蓄電池関連情報

 

先日、鎌倉市大船にある「三菱電機」のスマートハウスを見学してきました。

研究設備のためか、「構内全て画像撮影禁止!」との事で、

ブログで紹介できる「撮影画像が1枚も無い」のが残念ですが、

以下の文面やURLなどから雰囲気やイメージをして頂ければと思います。

 

<三菱電機スマートハウスの紹介URL>

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2011/0511_zoom_01.html

 

 

今回の私の目的のひとつは「V2H」でしたが、

みなさんは「V2H」という言葉ご存知でしょうか?

 

三菱_SMART_V2H

(上記画像が三菱のSMART V2HのEVパワコン)

 

V2Hとは、ビークル・ツー・ホームの略で、

電気自動車とかが「蓄電池の代わりにも」なって、

家の電気をまかなえるような「お家」の事や

それらの総合システムなどを表すものです。

 

実際に見学させて頂いた場所には、日産リーフと

(なぜか三菱の電気自動車ではなく日産車)、

「SMART V2H(パワーコンディショナー)がつながっていました。

 

 

日産リーフの24kWhの蓄電池が、

三菱のV2Hパワコンにて家庭で使える「交流の電気」に変換され、

分電盤に電気を供給していました。

 

凄いのは停電時でもV2Hから6kWの電力を出力できる事。

これまでの蓄電池では、ほとんどが3kWが限界で

蓄電池の容量もあまり多くはなかったので、使い勝手が結構悪かったのですが、

上記組み合わせ(日産リーフ+三菱V2H)だと、

エアコンやIHが全く問題なく動いていましたので、

その凄さ(電力供給力の高さ)を感じてきました。

 

またこのV2Hの良い所は、万が一の災害や停電の際でも

太陽光発電システムからこのV2Hを介して、

電気自動車等に充電ができるところ。

 

これまでのパワーコントロールユニットでは、

商用電力(例えば東電)から電気自動車への充電はできても、

停電時に「太陽光発電システムからの充電はできない」所が

最大のネックでした。

 

 

残念ながら、今年度の蓄電池の補助金は終わってしまいましたが、

これらV2Hの設置をする際の補助金は別枠で現時点まだ残っています。

 

ご興味等がある方は、気軽にお問合せください。(櫻井)

 

HPリンク先

・ホームページTOPへ: http://www.omakasetai.com

・ご相談、お見積りフォームへ: https://omakasetai.sakura.ne.jp/inquiry1.html

 

 

 

 

 

平成27年5月より『再エネ賦課金』1.58円/kWh

2015年5月29日 | 太陽光発電システム関連情報 ,担当者BLOG

平成27年5月より『再エネ賦課金』が1.58円/kWhになりました。

一世帯あたりの平均的電力使用量:300kWh/月を消費すると、

再エネ賦課金は474円/月です。

4月までは0.75円/kWhでしたので、約2倍になりました。

0.22円/kWh(H24)→0.35円/kWh(H25)→0.75円/kWh(H26)→1.58円/kWh(H27)

年々値上げされており、もはや無視できるレベルではありません。

太陽光発電システムや蓄電池、オール電化の設置をご検討中のお客様には、

心よりお早目の設置をお薦めいたします。

(太陽光発電システムに憧れるマンション住まいの担当:辻)

太陽光パネルの重さについて

2015年4月11日 | 太陽光発電システム関連情報 ,担当者BLOG

先日個人的な興味から、藁床畳と太陽光パネルの重さを比較してみました。

表パネル重量比較new

さすがに藁床畳は1枚あたり約30kgと重く、太陽光パネルはそれよりだいぶ軽いことがわかりました。

また、3畳あたりの太陽光パネルの重量は約50~80kgであり、

太陽光パネルの屋根に対する荷重は、3畳に人ひとり(体重:50~80kg)が居る場合の荷重と同等であるといえます。

3畳間に人ひとり

以外に軽いものだと思いませんか?(辻)